トピックス/セミナー情報

ホーム > トピックス/セミナー情報 > セミナー情報【〜2008年度】

  • MENU
  • 新着情報
  • トピックス
  • セミナー情報
  • 2022年度
  • 2021年度
  • 2020年度
  • 2019年度
  • 2018年度
  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2012年度
  • 2011年度
  • 2010年度
  • 2009年度
  • 2008年度
  • 〜2007年度

セミナー情報

2008年度

2009.01.20
第4回「再共済連ブラッシュアップセミナー」を開催

1月20日(火)全国町村会館において、第4回「再共済連ブラッシュアップセミナー」を開催しました。「リーダーシップ」をテーマに、会員団体から7団体16名の方が参加されました。

本セミナーでは、「選択理論心理学」の理解とアクティビティにより、個々の強みを活かし成果を生み出す組織をつくるためのリーダーシップについて学習しました。 アクティビティでは、与えられた課題を達成するためにはチームメンバー全員が到達目標を共有し、お互いに信頼することが重要であること。また、リーダーとメンバー(部下)両方の立場における意識と行動を体感することで、理想とするチーム、それを支えるリーダーに必要となる「気づき」を習得しました。

今回を持って今年度開催分は終了しました。
これからも参加者が満足していただけるセミナーを提供できるよう、会員の皆さまからのご意見、ご要望を参考に次年度の企画をすすめていきます。

ギャラリー
  • 1. ハートビーイング
  • 1. ハートビーイング
  • 2. ヘリウムリング
  • 2. ヘリウムリング
  • 3. トラストフォール
  • 3. トラストフォール
  • 4. アクティビティ終了後はチームにおけるリー
  • 4. アクティビティ終了後はチームにおけるリー

研究活動等

記事

2008.11.27
「第3回 再共済連 共済課題研究会」を開催しました

11月27日、秋葉原UDXギャラリーにおいて「第3回 再共済連 共済課題研究会」を開催しました。

今回は日本共済協会の吉田常務理事を講師に、「共済団体としての保険法の対応について」をテーマに約3時間にわたり講義をしていただきました。
研究会には39団体127名の方が参加。質疑応答の時間では多くの質問が出され、参加者の保険法に対する関心の高さがうかがわれました。

また、終了後の交流会においても講師を交え、各共済団体間で積極的な情報交換がおこなわれました。

ギャラリー

講師の日本共済協会吉田常務理事

イメージ

研究活動等

記事

2008.11.01〜08
海外再保険研修の実施

日本再共済連の業務のひとつである海外再保険業務の理解を深めることを目的に、2008年11月1日〜8日の間、ロンドンにおいて「海外再保険取引のしくみと現状」の研修を12団体から13名が参加して実施しました。

「再保険ブローカーの役割と各業務」「国際再保険マーケットの現状」などについて、再保険ブローカー4社、再保険社2社から講義を受けるとともに活発な質疑応答がおこなわれました。また、世界的な保険市場であるロイズ本社では再保険取引の実情を視察することができました。

参加者からは「現地で再保険業務を担っている方から直接レクチャーを受けたことで、海外再保険の実務的な理解もすすみました」「シンジケートとブローカーの交渉現場を見ることができ、臨場感あふれる場面に感激しました」などの感想をいただきました。

ギャラリー
  • ベンフィールド社
  • エーオン社
  • ウィリス社
  • ガイ・カーペンター社

研究活動等

記事

2008.10.27〜28
第3回「再共済連ブラッシュアップセミナー」を開催

2008年10月27日〜28日、第3回「再共済連ブラッシュアップセミナー」を開催しました。「チームビルディング」と題し、会員団体から7団体13名の方々が受講されました。
本セミナーでは、異なる組織に所属する者同士が一つの「チーム」を形成し、理論の学習とアクティビティのプログラムをすすめましました。
一つひとつのアクティビティに与えられた課題の達成にむけて作戦を練り、励ましあい、達成時には感動が共有できたことで時間が経過するにつれ一体感が生まれました。また、セミナーを通じて得た他者との関わりにおける気付きを職場にどのように活かすかを発表しました。
2008年度はもう1回の開催を予定しています。
なお、セミナーの企画にあたりご意見、ご要望がございましたら再共済部推進・企画課までお寄せください。

ギャラリー
  • 高さ8Mの登る「ワイルドウージー」
  • イメージ

研究活動等

記事

2008.07.11
第1回「共済ワークショップ」を開催しました

再共済連では、共済団体間の連携強化を目的としたネットワークづくりの場の提供として「共済ワークショップ」を企画しました。この「共済ワークショップ」は業務、年代、役職、階層などで対象者を区分し、参加者相互の情報交換、知識の共有等を図っていただこうという企画です。

第1回目は「会計・財務担当者」を対象に7月11日(金)にホテルJALシテイ田町東京において25団体35名の方に参加いただきました。前半は再共済連顧問会計士の高山公認会計士を講師に「生協会計基準の見直しについて」の講義、後半は参加者からの事前アンケートに対する解説と意見交換会をおこない、会計・財務に関する情報の共有化と日ごろの疑問点などを解消していただきました。

ギャラリー
  • (真中)開催のご挨拶をする三 専務理事、(左)今回の講師の 山公認会計士
  • 意見交換会の前には全員で自己紹介
  • 参加者からは熱心な意見が出されワークショップを盛り上げました

研究活動等

記事

2008.07.04
「第2回 再共済連 共済課題研究会」を開催しました

さる7月4日「第2回 再共済連 共済課題研究会」を全労済ほか会員共済団体、生協全共連、関西を中心とした市民生協など13団体40名の出席をいただき開催しました。当研究会はこれまで東京で開催しておりましたが、今回、はじめて関西地区(会場「メルパルクOSAKA」)での開催となりました。

「改正生協法で変わる業務と組織の今後」をテーマに、大石保険研究所代表の大石正明氏より、2008年4月に施行された新生協法により生協がどのように変わるのか、「募集制度のあり方」「兼業規制」「コンプライアンスと生協経営」などに注目した講演をいただきました。

参加者アンケートでは、「新法改正にかかわる裏話など、なかなか聞くことができないので面白かった」「実践的な事例紹介が良かった」などの講演会の感想や、「また関西で開催を」との次回要望の声をいただきました。

また、研究会後の交流会でも、講師との意見交換や参加者同士の交流が活発におこなわれ、参加者の関心の高さがうかがえました。

ギャラリー

ギャラリー

研究活動等

記事

2008.05.13
第2回「再共済連ブラッシュアップセミナー」を開催

2008年5月13日(火)、第2回「再共済連ブラッシュアップセミナー」を開催しました。「4時間でわかる伝わるプレゼンテーション」と題し、会員団体から9団体20名の方々が受講されました。

本セミナーでは、講師からプレゼンテーション技術の基礎を学び、また、個人やグループワークによる演習をまじえながら、相互分析、評価、フィードバックを通じて技術を磨きました。

2008年度はさらに2回の開催を予定しています。今後ともご支援ご協力のほどよろしくお願いいたします。

なお、セミナーの企画にあたりご意見ご要望がございましたら再共済部推進・企画課までお寄せください。

ギャラリー
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

研究活動等

記事

PAGE TOP

COPYRIGHT (c)2005-2010 NIHON SAIKYOSAIREN. All Rights Reserved.